• ホーム
  • ショールームスタッフのほのぼの日記

ショールーム
スタッフの
ほのぼの日記

このブログでは、ショールームスタッフ5人で屋根・外壁塗装に関する情報からスタッフの日常を配信しています。

外壁塗装は冬でも出来ます!!

皆さんこんにちは😀
明日から本格的に寒くなり、冬将軍到来といった気候になりそうですね😥
風邪など引かれませんよう、体調管理にお気をつけください🍀

 

さて、本日は「冬場での外壁塗装について」お話しします✍

 

外壁塗装をするのに、何となく「冬は不向きだ」というイメージを持っている方は少なくないのではないでしょうか。確かに冬は気温が低かったり、地域によっては大雪が降ったりと、塗装する条件が整わないことも多くありますが、絶対に出来ないということはありません。いくつかの条件や、作業に制限がつくものの、冬でも外壁塗装をすることは可能です。

 

◌基準を守れば冬でも塗装は出来る
外壁塗装を行うには、気候による条件があります。1つは気温による条件、もう1つは湿度による条件です。これは、塗料の乾燥・硬化に関係してくるものであるため、この条件を守らないで施工をすると、不良施工となってしまいますので注意が必要です。

では、塗装が出来ない気候条件とはどのようなものなのか、具体的に見てみましょう。

①気温が5℃以下の時

②湿度が85%以上の時

③降雨、降雪、結露が起きている時または予想される時

 

 

 

気温が5℃以下では、塗料が乾燥・硬化しにくくなってしまいます。そのような環境で、通常と同じ様にメーカーの定めた乾燥時間を経過したまま次の工程へ進んでしまうと、硬化不良のため塗膜が形成されても脆弱になってしまいます。湿度が85%以上の時も同様で、空気中の水分が多いと塗料の乾燥が遅くなってしまいます。

また、天候が雨や雪などの場合も、塗料自体が流れ落ちてしまうため、塗装を行うことは出来ません。

ただし、メーカーや塗料の種類によっても違うことはありますので、商品カタログの注意点を確認するようにしましょう。

以上のことから、条件はありますが冬でも外壁塗装を行うことは可能です。

 

◌冬の外壁塗装のメリット・デメリット
・メリット…晴れの日が多く湿度も低いので乾燥しやすい
地域にもよりますが、冬は一年を通して比較的雨が少ない季節です。そのため、台風シーズンや梅雨の時期に比べると工事のスケジュールを立てやすいと言えます。また、工事期間中は窓を閉め切ることになりますが、夏場なら暑くて大変ですが、冬であれば問題ありません。

 

梅雨や夏は湿気が多く、塗装の条件である85%を上回り、塗装が出来なくなってしまうこともあります。冬は、空気中の湿度が低く乾燥しているため、塗料の乾きも良く、スムーズに工事を進めることができると言えます。

 

・デメリット…日没が早いので作業時間が少ない
冬は日没が早い季節ですので、職人さんの作業できる時間も短くなってしまいます。
周りが暗い状態で塗装作業を行うと、目でちゃんとした確認をすることが出来ないため、塗り残しや塗りムラが出たりするなど、施工不良にも繋がってしまいます。

 

以上のように、冬に外壁塗装をする際、メリット・デメリットはありますが、外壁塗装は冬でも出来ます!!

 

もし、不明点や、詳しく話を聞いてみたい等のご要望がありましたら、美装ショールームまでお問い合わせください。
スタッフ一同、お待ちしております😊

人気記事

更新者プロフィール

手嶋 真弓

セールスポイントは子供の頃、べっぴんさんじゃないんだから、いつも笑っていなさいと教えられたので、笑顔でいることです

更新者プロフィール

佐貫 智哉

セールスポイントは笑顔です

ページトップ

周南市を中心に、
外壁塗装・屋根リフォームは
私達にお任せください!

【 ピックアップ 】